百人一首 97番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
こぬ人を まつほの浦の 夕なぎに 焼くやもしほの 身もこがれつつ
権中納言定家

百人一首 意味
百人一首 (待てども)来ない人を待つ私は、あの松帆の浦の夕なぎの海辺に焼く藻塩のように、身もこがれつつ恋い慕いつづけている。

百人一首 覚え方
来ぬ人を やくやもしれず
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


安いホテルの宿泊予約
ビジネスホテル予約.net
大阪のホテル情報
いい旅はいい宿から