百人一首 9番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
花の色は うつりにけりな いたづらに わが身世にふる ながめせしまに
小野小町

百人一首 意味
百人一首 桜の花の色つやはむなしく失せてしまったことだなあ。春の長雨が降っていた間に、また、私がむなしくこの世を過ごし物思いにふけっている間に。

百人一首 覚え方
花の色は わが身
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


東京駅ビジネスホテル★予約サイト
品川ビジネスホテル★予約サイト
池袋ビジネスホテル★予約サイト
仙台ビジネスホテル★予約サイト