百人一首 86番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
西行法師

百人一首 意味
百人一首 嘆けと言って月は物思いをさせるのであろうか。そうではないのに、恋の物思いを月のせいにして、はらはらとこぼれ落ちる私の涙よ。

百人一首 覚え方
嘆け 過去
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


東京ビジネスホテル★予約サイト
京都ビジネスホテル★予約サイト
大阪ビジネスホテル★予約サイト
名古屋ビジネスホテル予約サイト