百人一首 70番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ
良暹法師

百人一首 意味
百人一首 (あまりの)さびしさに(耐えかねて)住まいから出てあたりを眺めてみると、どこもかしこも同じ、(やはりさびしい)秋の夕暮れの景色であるよ。

百人一首 覚え方
寂しさ いづこ
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


博多ビジネスホテル★予約サイト
札幌ビジネスホテル★予約サイト
静岡ビジネスホテル★予約サイト
ビジネスホテル 全国版