百人一首 67番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなく立たむ 名こそ惜しけれ
周防内侍

百人一首 意味
百人一首 短い春の夜のほんの夢のような、たわぶれごとにあなたの手枕を借りたばかりに、かいもなく立つだろう私の浮き名が惜しいことです。

百人一首 覚え方
春の夜の 貝
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


広島ビジネスホテル★予約サイト
新宿ビジネスホテル★予約サイト
横浜ビジネスホテル★予約サイト
福岡ビジネスホテル★予約サイト