百人一首 62番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よに逢坂の 関はゆるさじ
清少納言

百人一首 意味
百人一首 まだ夜の明けないうちに、鶏の声をまねてだまそうとしても、逢坂の関はそうは参りますまい。私はけっしてお逢いしませんよ。

百人一首 覚え方
よを よに
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


激安ホテル・激安旅館★宿泊予約
高級ホテル・高級旅館に泊まろう
ホテル予約.ナビ
全国駅ホテル★駅近辺ホテル