百人一首 57番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
めぐりあひて 見しやそれとも 分かぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな
紫式部

百人一首 意味
百人一首 久しぶりにめぐりあって、見たのがそれかどうかもわからぬうちに雲隠れしてしまった月のように、幼友だちは姿を隠してしまったよ。

百人一首 覚え方
めぐり逢ったのに 雲がくれ
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


安いホテルの宿泊予約
ビジネスホテル予約.net
大阪のホテル情報
いい旅はいい宿から