百人一首 49番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
みかきもり 衛士のたく火の 夜は燃え 昼は消えつつ 物をこそ思へ
大中臣能宣

百人一首 意味
百人一首 御垣守(みかきもり)である兵士のたく火が、夜は燃え昼は消えているように、私の恋の炎も、夜は燃え昼は消え入るばかりに、物思いに沈んでいる。

百人一首 覚え方
みかきもり 昼は消える
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


東京駅ビジネスホテル★予約サイト
品川ビジネスホテル★予約サイト
池袋ビジネスホテル★予約サイト
仙台ビジネスホテル★予約サイト