百人一首 36番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづこに 月やどるらむ
清原深養父

百人一首 意味
百人一首 夏の短い夜は、まだ宵のくちと思っているうちに明けてしまったが、雲のどのあたりに、あの美しい月は宿り隠れているのだろうか。

百人一首 覚え方
夏の 雲
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


温泉旅館〜口コミで人気シリーズ〜
人気ホテル★ランキング
格安ビジネスホテル 全国版
全国 紅葉スポットの宿