百人一首 33番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ
紀友則

百人一首 意味
百人一首 日の光がのどかな春の日に、落ち着いた心もなく、どうして桜の花ははらはらと散るのであろうか。

百人一首 覚え方
ひさかたの 静心
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


人気シティホテル予約.net
全国激安の宿(激安ホテル・激安旅館)
大学周辺ホテル予約.net
人気ビジネスホテル.net