百人一首 30番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
ありあけの つれなく見えし 別れより 暁ばかり 憂きものはなし
壬生忠岑

百人一首 意味
百人一首 明け方の月が無情に空に残っていたように、あなたが冷たく見えたあの別れ以来、夜明けほど私につらいものはありません。

百人一首 覚え方
有明の 赤い月
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


博多ビジネスホテル★予約サイト
札幌ビジネスホテル★予約サイト
静岡ビジネスホテル★予約サイト
ビジネスホテル 全国版