百人一首 3番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む
柿本人麻呂

百人一首 意味
百人一首 山鳥の垂れ下がった尾のように長い長いこの秋の夜を、(恋しい人と離れて)私もひとりさびしく寝るのであろうかなあ。

百人一首 覚え方
足が 長い
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


ビジネスホテル★宿泊予約
全国の人気温泉宿★宿泊予約
格安ホテル・格安旅館★宿泊予約
厳選いい宿★宿泊予約