百人一首 2番 百人一首

百人一首 上の句・下の句
春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山
持統天皇

百人一首 意味
百人一首 いつしか春が過ぎていよいよ夏がやって来たらしい。真っ白な着物を干すという天の香具山よ。

百人一首 覚え方
春過ぎて 衣ほす
百人一首 上の句へ  百人一首 下の句へ
百人一首 一覧表索引へ
百人一首 小倉百人一首topへ

百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


激安ホテル・激安旅館★宿泊予約
高級ホテル・高級旅館に泊まろう
ホテル予約.ナビ
全国駅ホテル★駅近辺ホテル