百人一首の
 覚え方

 百人一首
※ 番号を押すと、歌の意味に行きます。
1あきのたの かりほのいほの とまをあらみ わがころもでは つゆにぬれつつ
秋の田は 露にぬれ
2はるすぎて なつきにけらし しろたへの ころもほすてふ あまのかぐやま
春過ぎて 衣ほす
3あしびきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねむ
足が 長い
4たごのうらに うちいでてみれば しろたへの ふじのたかねに ゆきはふりつつ
田子ノ浦に、富士の高嶺に雪は降り
5おくやまに もみぢふみわけ なくしかの こゑきくときぞ あきはかなしき
奥山に鳴く鹿の声
6かささぎの わたせるはしに おくしもの しろきをみれば よぞふけにける
かささぎの白
7あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも
天の三笠山
8わがいほは みやこのたつみ しかぞすむ よをうぢやまと ひとはいふなり
わがいほは 宇治山という
9はなのいろは うつりにけりな いたづらに わがみよにふる ながめせしまに
花の色は わが身
10これやこの ゆくもかへるも わかれては しるもしらぬも あふさかのせき
これ知る 知らぬ
11わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね
わたの人
12あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ をとめのすがた しばしとどめむ
あまつ風 乙女さん
13つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる
つくばねの恋
14みちのくの しのぶもぢずり たれゆゑに みだれそめにし われならなくに
みちのく 乱れぞめ
15きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ
君がため わがころもでに 雪はふる
16たちわかれ いなばのやまの みねにおふる まつとしきかば いまかへりこむ
立ち別れ 待つ
17ちはやぶる かみよもきかず たつたがは からくれなゐに みづくくるとは
ちはやぶる からくれない
18すみのえの きしによるなみ よるさへや ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ
住之江の 夢
19なにはがた みじかきあしの ふしのまも あはでこのよを すぐしてよとや
なに? 泡?
20わびぬれば いまはたおなじ なにはなる みをつくしても あはむとぞおもふ
わびぬれば みをつくす
21いまこむと いひしばかりに ながつきの ありあけのつきを まちいでつるかな
今来む 有明の月
22ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ
吹く 山あらし
23つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど
月見る わが身
24このたびは ぬさもとりあへず たむけやま もみぢのにしき かみのまにまに
このたびは もみぢ
25なにしおはば あふさかやまの さねかずら ひとにしられで くるよしもがな
何々? 人に知れた?
26をぐらやま みねのもみぢば こころあらば いまひとたびの みゆきまたなむ
おぐら山は今、人だかり
27みかのはら わきてながるる いづみがは いつみきとてか こひしかるらむ
みかの原の泉 いつ見た?
28やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめもくさも かれぬとおもへば
山里は人も草も枯れぬ
29こころあてに をらばやをらむ はつしもの おきまどはせる しらぎくのはな
心おきなく
30ありあけの つれなくみえし わかれより あかつきばかり うきものはなし
有明の 赤い月
31あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき
朝、吉野の里に雪が降る
32やまがわに かぜのかけたる しがらみは ながれもあへぬ もみぢなりけり
山がわに 流れる紅葉
33ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづごころなく はなのちるらむ
ひさかたの 静心
34たれをかも しるひとにせむ たかさごの まつもむかしの ともならなくに
誰を 待つ
35ひとはいさ こころもしらず ふるさとは はなぞむかしの かににほひける
人は 花
36なつのよは まだよひながら あけぬるを くものいづこに つきやどるらむ
夏の 雲
37しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける
白露を つらぬく
38わすらるる みをばおもはず ちかひてし ひとのいのちの をしくもあるかな
忘らるる 人
39あさぢふの をののしのはら しのぶれど あまりてなどか ひとのこひしき
朝、十の余り手
40しのぶれど いろにいでけり わがこひは ものやおもふと ひとのとふまで
忍ぶれど 思う
41こひすてふ わがなはまだき たちにけり ひとしれずこそ おもひそめしか
恋捨てよう 人知れず
42ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ すゑのまつやま なみこさじとは
契りのすえ 待つ
43あひみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもはざりけり
愛見たのは 昔
44あふことの たえてしなくば なかなかに ひとをもみをも うらみざらまし
会う 人をうらむな
45あはれとも いふべきひとは おもほえで のいたづらに なりぬべきかな
あわれな 身
46ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ ゆくへもしらぬ こひのみちかな
ゆられ ゆく
47やへむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそみえね あきはきにけり
やへむぐらに 人は見えねー
48かぜをいたみ いはうつなみの おのれのみ くだけてものを おもふころかな
風を くだけ
49みかきもり ゑじのたくひの よるはもえて ひるはきえつつ ものをこそおもへ
みかきもり 昼は消える
50きみがため をしからざりし いのちさへ ながくもがなと おもひけるかも
きみがため ながくと思う
51かくとだに えやはいぶきの さしもぐさ さしもしらじな もゆるおもひを
書く時は さしも
52あけぬれば くるるものとは しりながら なほうらめしき あさぼらけかな
明けぬれば なお恨めし
53なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは いかにひさしき ものとかはしる
なげき イカ
54わすれじの ゆくすゑまでは かたければ けふをかぎりの いのちともがな
忘れよう 今日かぎり
55たきのおとは たえてひさしく なりぬれど なこそながれて なほきこえけれ
滝に 菜が流れる
56あらざらむ このよのほかの おもひでに いまひとたびの あふこともがな
あらざらむ いまひとたび
57めぐりあいて みしやそれとも わかぬまに くもがくれにし よはのつきかな
めぐり逢ったのに 雲がくれ
58ありまやま ゐなのささはら かぜふけば いでそよひとを わすれやはする
有馬の いで湯
59やすらはで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな
やすらかに 傾く
60おほえやま いくののみちの とほければ まだふみもみず あまのはしだて
大江山 まだ文も見ず
61いにしへの ならのみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな
いにしへの 今日
62よをこめて とりのそらねは はかるとも よにあふさかの せきはゆるさじ
よを よに
63いまはただ おもひたえなむ とばかりを ひとづてならで いふよしもがな
今はただの 人
64あさぼらけ うぢのかはぎり たえだえに あらはれわたる せぜのあじろぎ
朝、ボラが 現れる
65うらみわび ほさぬそでだに あるものを こひにくちなむ なこそをしけれ
恨み恋
66もろともに あはれとおもへ やまざくら はなよりほかに しるひともなし
もろともに 花
67はるのよの ゆめばかりなる たまくらに かひなくたたむ なこそおしけれ
春の夜の 貝
68こころにも あらでうきよに ながらへば こひしかるべき よはのつきかな
こころ 恋し
69あらしふく みむろのやまの もみぢばは たつたのかわの にしきなりけり
嵐吹く 竜田川
70さびしさに やどをたちいでて ながむれば いづこもおなじ あきのゆふぐれ
寂しさ いづこ
71ゆふされば かどたのいなば おとづれて あしのまろやに あきかぜぞふく
ゆうの 足
72おとにきく たかしのはまの あだなみは かけじやそでの ぬれもこそすれ
音を かける
73たかさごの をのへのさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなむ
高さ5の とやま
74うかりける ひとをはつせの やまおろしよ はげしかれとは いのらぬものを
うける ハゲ
75ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて あはれことしの あきもいぬめり
ちぎり(約束)は 泡
76わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもゐにまがふ おきつしらなみ
わたのような 雲
77をはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ
せ われ
78あはぢしま かよふちどりの なくこゑに いくよねざめぬ すまのせきもり
淡路島に 行くよ
79あきかぜに たなびくくもの たえまより もれいづるつきの かげのさやけさ
秋風 もれる
80ながからむ こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもへ
長い髪が 乱れる
81ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる
ほととぎすは ただ
82おもいわび さてもいのちは あるものを うきにたへぬは なみだなりけり
重い 浮き
83よのなかよ みちこそなけれ おもひいる やまのおくにも しかぞなくなる
世の中よ 山の奥
84ながらへば またこのごろや しのばれむ うしとみしよぞ いまはこひしき
ながらえば 牛
85よもすがら ものおもふころは あけやらで ねやのひまさへ つれなかりけり
用も ねえや
86なげけとて つきやはものを おもはする かこちがほなる わがなみだかな
嘆け 過去
87むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆふぐれ
村雨から 霧
88なにはえの あしのかりねの ひとよゆゑ みをつくしてや こひわたるべき
浪花で 身を尽くす
89たまのをよ たえなばたえね ながらへば しのぶることの よわりもぞする
タマを しのぶ
90みせばやな をじまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはかはらず
店が 濡れる
91きりぎりす なくやしもよの さむしろに ころもかたしき ひとりかもねむ
きりぎりすの 衣固し
92わがそでは しほひにみえぬ おきのいしの ひとこそしらね かわくまもなし
わが袖は 乾く間もなし
93よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのをぶねの つなでかなしも
世の中は あまい
94みよしのの やまのあきかぜ さよふけて ふるさとさむく ころもうつなり
見よ ふるさと
95おほけなく うきよのたみに おほふかな わがたつそまに すみぞめのそで
OK わが立つ(私が立つ)
96はなさそふ あらしのにはの ゆきならで ふりゆくものは わがみなりけり
花 ふりゆく
97こぬひとを まつほのうらの ゆふなぎに やくやもしほの みもこがれつつ
来ぬ人を やくやもしれず
98かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは みそぎぞなつの しるしなりける
風そよぐは みそぎぞ
99ひともをし ひともうらめし あぢきなく よをおもふゆゑに ものおもふみは
人も 世を思う
100ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なほあまりある むかしなりけり
桃 なお余りある

百人一首 百人一首 百人一首

百人一首 小倉百人一首topへ
百人一首 友達に教える

Copyright (C) 2009
百人一首
All Rights Reserved.


全国人気ホテルナビ
ビジネス・旅に人気のホテル
全国の人気温泉宿(ホテル&旅館)
東京のホテル.navi
大阪のホテル.navi